【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時現在、前日比153・50ドル安の3万6278・72ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、22・54ポイント高の1万6004・90。

 ダウ平均は連日の最高値更新を受けて利益確定売りが先行した。10月の米卸売物価指数が大幅上昇し、供給網の混乱や原材料価格の高騰を嫌気した売りも出た。