厚生労働省は1日までに、新型コロナウイルスワクチンの接種で使用済みの注射器を使ったり、接種間隔や対象者を誤ったりしたといったミスが、9月30日までに全国で1805件報告されたと明らかにした。うち739件は重大な健康被害につながりかねないミスだったという。

 厚労省によると、報告全体のうち接種間隔の誤りが526件で最多だった。注射器の再使用といった血液感染を起こし得るミスが170件、接種量の誤りが99件、対象年齢でない人への接種が61件、対象者の誤認が39件など。発生頻度は10万回接種あたりで1・10件、重大ミスに限ると0・45件だった。