フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダの上位選手らによるエキシビションが10月31日、バンクーバーで行われ、女子で自己ベストの得点をマークして4位だった三原舞依(シスメックス)らが鮮やかに舞った。

 三原は映画「グレイテスト・ショーマン」の劇中歌に乗せ、情感豊かに演じた。女子6位の樋口新葉(明大)はピアノの旋律が印象的な「プリマベーラ」をしっとりと滑り、男子7位の山本草太(中京大)は伸びやかなスケーティングを披露した。

 女子でGP初優勝した15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)や男子優勝のネーサン・チェン(米国)も滑った。(共同)