中央競馬で昨年、史上3頭目の無敗の三冠馬となったコントレイル(4歳牡馬、矢作芳人厩舎)が今年限りで引退することが9日、明らかになった。天皇賞・秋(10月31日)、ジャパンカップ(11月28日)の2レースに出走し、有馬記念(12月26日)は見送って種牡馬入りする。矢作調教師は「有馬記念は得意な条件ではない。残り2戦に全力投球です」と話した。

 コントレイルは2019年にデビュー。昨年の皐月賞、日本ダービー、菊花賞を制して父ディープインパクトなどに続く無敗3冠に輝いた。ジャパンカップではアーモンドアイに敗れて初黒星(2着)を喫し、今年初戦の大阪杯は3着だった。