プロ野球のファーム日本選手権は9日、宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われ、ウエスタン・リーグ覇者の阪神がイースタン・リーグ優勝のロッテに3―2で逆転勝ちし、3年ぶり6度目の優勝を果たした。

 最優秀選手(MVP)には2安打1打点の遠藤(阪神)が選ばれた。

 阪神は0―2の九回に栄枝と遠藤の適時打、失策で3点を奪い逆転した。七回から藤浪ら救援4投手が無失点で勝機をつないだ。ロッテは六回に高部の2点適時打で均衡を破ったが、九回に登板した小沼が崩れた。