9日午前6時40分ごろ、大阪市西区九条1丁目の商店街にある呉服店兼住宅で「家が燃えている」と119番があった。府警や大阪市消防局によると、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。住宅は2人暮らしでこのうち初鹿野健治さん(75)と連絡が取れておらず、府警は遺体が初鹿野さんとみて身元の確認を進める。

 住宅は木造3階建て。1階は呉服店で2~3階は倉庫や居住スペースだった。隣接するパチンコ店にも燃え移るなど計4棟約1200平方メートルが焼けた。

 近くに住む50代の主婦は「外に出たら火が上がっており、熱さも感じて危険だと思いあわてて逃げてきた」と驚いた様子だった。