【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在は前日比15・65ドル安の3万4739・29ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は9・68ポイント高の1万4663・70。

 朝方発表の9月の米雇用統計で、非農業部門の就業者数の増加幅が市場予想を下回ったことから、景気回復の遅れを懸念した売りが出た。一方、原油先物相場が上昇し、石油株が買われて相場を支えた。