【オスロ共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は8日、2021年のノーベル平和賞をロシアでプーチン政権に臆せず調査報道を続ける独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」のドミトリー・ムラトフ編集長(59)と、フィリピンのドゥテルテ政権に批判的なニュースサイトを率いる女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏(58)に授与すると発表した。強権下で「民主主義と恒久平和の前提である表現の自由を守る努力」をしてきたことを理由に挙げた。

 ジャーナリズム活動への平和賞授与は第2次大戦後初めてとなる。委員会は、表現の自由は民主主義や紛争回避に「不可欠」と訴えた。