斉藤鉄夫国土交通相は8日の閣議後記者会見で、7日深夜に首都圏で起きた地震で多くの帰宅困難者が出たことについて「東京駅や品川駅で発生したが、運転再開後の滞留旅客の輸送や、タクシー業界への優先的な配車を国交省から要請し、8日午前3時にはおおむね解消した」と述べた。

 国交省によると、地震の影響で各新幹線や在来線の主要路線が運転を見合わせた。多くが8日未明に運転を再開し、通常より遅くまで運行を継続するなどした。