【北京共同】北朝鮮外務省は7日付で、岸田文雄首相が4日の就任後に日本人拉致問題解決を目指すと表明したことに対し、同問題は解決済みだとの従来の立場を改めて表明し、態度を変えるよう求める記事をホームページに掲載した。北朝鮮当局が岸田政権発足に言及したのは同政権の発足後初めて。

 記事は北朝鮮外務省日本研究所の李炳徳研究員の名で掲載。「拉致問題は2002年9月と04年5月に当時の日本の(小泉純一郎)首相の平壌訪問、それにその後のわれわれの誠意と努力で全て解決し完全に終わった問題だ」と反論した。