今季で自動車F1シリーズから撤退するホンダは7日、レッドブル・グループから要請を受け、2022年以降のF1参戦のためにホンダのパワーユニット(PU)技術を使用することを許諾したと発表した。

 同グループは新会社を立ち上げ、レッドブルと兄弟チームのアルファタウリが使用するPUを製造、運営する。ホンダは技術パートナーとして、22年シーズンに限り、PUの組み立てやレース運営を支援する。