【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コム傘下の動画配信サイト「ツイッチ」がハッカー攻撃を受け、プログラム関連を含む情報がネット上に流出したことが6日、分かった。複数の米メディアが伝えた。

 流出したのはツイッチのプログラムの設計図に当たるソースコードや、利用者が配信によって得た金額のリストなど。メールアドレスといった個人情報が流出したかどうかは分かっていない。

 ツイッチはハッカー攻撃を受けたと認め「攻撃された範囲を至急調べている」とツイッターで説明した。

 ツイッチはプレー中のゲームの様子を、ネットを通じて実況配信するサイトとして知られる。