岸田文雄首相は8日午後、就任後初めての所信表明演説を衆参両院本会議で行う。新型コロナウイルスと共生する社会に変革し、「成長と分配の好循環」を推進すると表明。所得税や相続税の累進構造を高め、税制面から格差是正に取り組む姿勢を強調する方針だ。「新しい資本主義実現会議」の設置も表明する。演説に対する各党の代表質問は衆院が11、12両日、参院は12、13両日に行う予定。

 演説では、国民との対話による信頼構築を掲げる。全閣僚が車座対話を重ね「国民のニーズに合った行政」を進めているか点検していくと打ち出す。自ら名付けた「新時代共創内閣」への協力を求める。