日銀の黒田東彦総裁は7日、支店長会議に出席し、国内景気の現状について「新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との認識を示した。先行きについては、当面は対面型サービスを中心に経済活動の水準が感染拡大前よりも低めに推移するが、影響が和らいでいく中で「回復していくとみられる」と指摘した。

 会議はテレビ会議方式で開かれ、各支店長からの報告に基づいて感染拡大で悪化した地域経済の回復度合いを点検した。黒田氏は感染症の影響が収束すれば「経済はさらに成長を続ける」との見通しを示した。