日本大学の医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事の設計契約を巡り、東京地検特捜部は7日、日大に2億2千万円の損害を与えたとして、背任の疑いで日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市の医療法人「錦秀会」の前理事長籔本雅巳容疑者(61)を逮捕した。

 井ノ口容疑者は田中英寿理事長(74)の側近とされ、アメリカンフットボール部の悪質反則問題で2018年7月に理事を辞任したが、日大から業務委託を受けた関連会社「日本大学事業部」(世田谷区)の役員に19年12月に復帰、昨年9月に日大理事にも再び選任された。特捜部の任意の事情聴取に不正はないと主張している。