参院議員の辞職に伴う静岡、山口両選挙区補欠選挙が7日告示された。いずれも自民党公認で公明党推薦の候補と野党系候補の対決となった。岸田政権発足直後の国政選挙で、各党は衆院選(19日公示、31日投開票)に影響するとみて注力する。新型コロナ対策を主な争点とし、24日投開票される。

 岸田文雄首相は、JR静岡駅前で「衆院選も控え、大変重要な選挙だ。岸田に任せるという意思を頂き、思い切って経済対策、コロナ対策を実現したい」と訴えた。

 立憲民主党の杉尾秀哉副幹事長は、JR静岡駅前で「安倍、菅政権で政治は劣化し、政治不信を招いた。自公政権に退場を迫ろう」と呼び掛けた。