【パリ共同】フランスのルドリアン外相は6日、米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設に伴い、オーストラリアがフランスとの潜水艦共同開発計画を破棄したことを受けて召還した駐豪大使について、任地へ戻るよう求めたと明らかにした。国民議会(下院)委員会の公聴会で明らかにした。

 またフランスが欧州連合(EU)議長国を務める来年前半にパリでEUとインド太平洋地域の国々を集めた首脳会議を開催する計画だと言及。オーストラリアとの2国間協力が崩れても「フランスがインド太平洋地域に関与し続ける決意は揺るがない」と強調した。