6日午後11時ごろ、東京都豊島区西池袋1丁目の飲食店で火災通報があった。警視庁池袋署によると、店内で爆発が起き、付近を通行中の30~40代の男性3人が病院に搬送された。意識はあるという。爆発したのはカセットボンベとみられ、署などが原因を調べている。

 東京消防庁によると、ボンベとカセットこんろのほか、店の内壁が8平方メートル焼けた。池袋署によると、飲食店は当時営業しておらず、店内に人はいなかった。風圧で店舗入り口のガラス戸が割れた。搬送された3人は店前を通行していたとみられる。

 現場はJR池袋駅西口近くの繁華街。