【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅が一時400ドルを超えた。原油価格の高騰によるインフレ加速観測を背景に、米景気の先行きを懸念した売りが広がった。

 午前10時現在、前日比420・14ドル安の3万3894・53ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、41・80ポイント安の1万4392・03。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による量的金融緩和政策の早期縮小への警戒感が根強いことも、リスク回避姿勢につながった。