日本ハムは1―1の七回に西川の犠飛と近藤の適時打で2点を勝ち越した。上沢が7回1失点で自己最多に並ぶ11勝目を挙げた。杉浦は25セーブ目。オリックスは八回に宗の適時打で1点差に迫ったが届かず、連勝が8で止まった。