広島が連敗を4で止めた。一回に堂林の適時二塁打などで3点を先制し、3―2の六回は菊池涼の2点三塁打で突き放した。九里は6回3失点でリーグ最多に並ぶ11勝目を挙げた。中日は松葉が6回5失点と誤算だった。