イオンが6日発表した2021年8月中間連結決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比1・7%増の4兆3449億円に達し、過去最高を記録した。新型コロナウイルスの流行長期化で外食を控えて自宅で料理する習慣が定着する中、スーパーの食品販売が好調だった。

 純損益は45億円の黒字(前年同期は575億円の赤字)だった。コロナの緊急事態宣言は今年も多くの地域で発令されたが、昨年春のような大規模な臨時休業にはならなかったため、損益が改善した。