松野博一官房長官は6日の記者会見で、海上保安庁が6月下旬に能登半島沖にある漁場「大和堆」周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、武器らしいものを保有する船舶を確認したと明らかにした。「海保の巡視船や日本漁船に被害はなかった」としている。

 北朝鮮当局の船舶かとの質問に対し「これ以上の詳細については、わが国の情報収集、分析能力を明らかにする恐れがある」と説明を避けた。

 一方で「日本の漁船の安全を確保するため、関係省庁が連携して適切に対応している」と強調した。