平安神宮は6日、新型コロナで打撃を受けた京都の観光を文化面から盛り上げようと、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんを「京都平安大使」に任命した。市川さんは平安神宮で記者会見し「京都という日本の中心の文化を、世界中の人々に見てもらいたい」と語った。

 市川さんは11月6日、就任記念の特別公演を平安神宮で行う。この他、年2回の歌舞伎公演を開催したり、祭りなどに参加したりすることを想定しているという。

 記者会見では平安神宮の本多和夫宮司も「一日も早く活気ある京都が戻ることを祈っている」と語り、門川大作市長は「人々の幸せと平和に貢献できる取り組みになる」とあいさつした。