【シドニー共同】オーストラリアのシドニー都市圏で、新型コロナウイルス流行のため6月下旬から導入されていたロックダウン(都市封鎖)が今月11日に解除されることが6日決まった。シドニーを含む東部ニューサウスウェールズ州が、州内の16歳以上のワクチン完全接種率が70%に到達したと発表。封鎖を解く条件が整った。

 当初は18日の解除を見込んだが、接種が想定を上回るペースで進んだ。

 もう一つの大都市メルボルンを擁する南東部ビクトリア州も今月下旬に都市封鎖を解除する見通し。オーストラリアは今後、ウイルスとの共存にかじを切る。