【台北共同】台湾国防部(国防省)は6日、中国が早ければ2025年にも台湾海峡周辺の封鎖能力を完備すると予測、台湾の海空防衛作戦に「重大な試練」になっているとして強い警戒感を表明した。立法院に提出した報告書に明記した。

 邱国正国防部長(国防相)は立法院で「中国は25年に台湾に侵攻する完全な能力を備える」とも述べ、台湾の軍備強化に全力を挙げる必要性を訴えた。邱氏は、中国は侵攻に伴って中国側が被るリスクを25年までに一層低下させるとの見通しを示した。

 報告書は、中国が台湾攻撃中心の軍事準備を進め、軍事活動と「グレーゾーン作戦」を拡大し続けていると指摘した。