共産党は6日、次期衆院選の総決起集会をオンライン形式で開き、志位和夫委員長は「自民党の中で政権をたらい回しにしても政治は変わらない。共産が躍進し、政権交代を実現しよう」と呼び掛けた。小選挙区での立憲民主党との候補者一本化については「しっかり協議を進める。できるだけ早く結論を得たい」と記者団に語った。

 社民党も全国幹事長会議をオンラインで開催し、態勢構築を急ぐことを確認した。福島瑞穂党首は会議に先立つ記者会見で、岸田文雄首相に関し「国会で予算委員会の論戦もせず信任してくれというのは、あまりにずうずうしい」と批判した。