滋賀県は6日、近江八幡市の養豚場で豚熱(CSF)の感染が疑われる事例が発生したと発表した。国の検査で確定すれば、飼育する約1400頭を殺処分する方針。

 県によると、5日に養豚場から県家畜保健衛生所に、子豚2頭が死んで他の子豚も弱っていると通報があった。県が死んだ子豚2頭を含む12頭の遺伝子検査をして、11頭が陽性と判明した。

 死んだ2頭は生後約60日で、ワクチン接種前だった。