千葉県八街市で6月、下校中の小学生5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた運転手梅沢洋被告(60)は6日、千葉地裁(金子大作裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は「昨年には仕事中に飲酒しトラックを運転するようになった。同僚から注意を受けても聞き流していた」と指摘。事故当日はコンビニでアルコール度数20度の焼酎を購入し、高速道路のパーキングエリアで弁当を食べ、酒を飲みきったと述べた。