元農相の吉川貴盛被告(70)=収賄罪で公判中=に計500万円の賄賂を渡したなどとして、贈賄と政治資金規正法違反の罪に問われた鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表秋田善祺被告(87)に、東京地裁(向井香津子裁判長)は6日、懲役1年8月、執行猶予4年(求刑懲役1年8月)の判決を言い渡した。

 検察側は、家畜を快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア」の国際基準案に農水省として反対したり、中小業者への融資を拡充したりしてほしいとの趣旨で、賄賂を提供したと指摘。被告側は起訴内容を認めた上で「業界全体の利益のため」として寛大な判決を求めた。