【ワシントン、北京共同】米ホワイトハウスは5日、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員と6日にスイス・チューリヒで会談すると発表した。中国軍戦闘機が台湾の防空識別圏に進入するなど緊張が高まる中「米中の競争を、責任を持って管理することを目指す」と説明した。米中間の意思疎通の維持を図りたい考えだ。

 中国外務省の華春瑩報道局長も両氏が会談すると発表した。米中首脳が9月に開いた電話会談での合意に基づく会談だと説明した。

 米中間では近く通商協議が再開。サリバン、楊両氏の対面会談で両国間の対話機運が高まる可能性はある。