福岡県中間市の双葉保育園で7月、倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バスに取り残され熱中症で死亡した事件で、9月に就任した梅田典子園長と園側の代理人弁護士が5日、同市の遺族宅を訪れ「このようなことを起こしてしまい申し訳ない」と謝罪。園側と遺族側の代理人弁護士が明らかにした。

 双方の弁護士によると園長は謝罪後、再発防止策を説明。遺族側は事件時の園長が辞任したことを受けて訪問に応じ、親族ら計5人が立ち会った。謝罪を受け入れたわけではないとの考えを示し「バス内を確認していればこんなことにならなかった」などと訴えた。母親は心労のため入院中で立ち会えなかったという。