中日が今季初めてサヨナラ勝ちし、連敗を3で止めた。3―3の九回2死満塁から高橋周が押し出し四球を選んだ。柳が8回3失点と粘り、R・マルティネスが今季初勝利。3点差を追い付いた広島は菊池保が乱調で、4連敗となった。