将棋の第69期王座戦5番勝負の第4局は5日、神戸市で指され、後手の永瀬拓矢王座(29)が122手で挑戦者の木村一基九段(48)を破り、対戦成績3勝1敗で3連覇を果たした。タイトル獲得は通算4期目となった。

 永瀬王座は横浜市出身。2009年にプロ入りし、19年5月に初タイトルとなる叡王を奪取。同年10月には王座を初獲得した。今シリーズの相手は、最年長で初タイトルを奪取して「中年の星」と話題を呼んだ木村九段。開幕局は落としたものの、その後は一気に3連勝して王座を守った。

 木村九段の二つ目のタイトル獲得は、ならなかった。