【イスラマバード共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは5日、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが8月下旬、投降した元政府軍兵士や17歳の少女ら少数派ハザラ人計13人を中部ダイクンディ州で殺害したと発表した。「タリバンが旧政権期に犯した恐ろしい行為と同じ事をしているという証拠だ」と糾弾した。

 殺害されたのは元政府軍兵士11人と民間人2人。タリバンが同州を8月14日に制圧したため、元兵士らは抵抗をやめ、29日にタリバンとの交渉に臨んでいた。

 だが、30日にタリバン戦闘員が銃撃を始めて交戦となり、少女や元兵士らが死亡。元兵士9人を処刑した。