三重県で今秋に予定されていた国民体育大会が新型コロナウイルス感染拡大で中止されたことを受け、陸上競技に出場予定だった選手を対象とした代替大会が同県伊勢市で17日に開催される。対象は長野、岐阜、静岡、愛知、三重5県の選手。主催する三重陸上競技協会が5日、明らかにした。

 100メートルや走り幅跳び、ハンマー投げなど個人53種目とリレー3種目に約200人が参加する見込み。選手全員に事前のPCR検査を義務付け、無観客とする。

 同協会の松沢二一専務理事(67)は「直前まで努力してきた選手たちに成果を見せる場をつくろうと、なんとか開催にこぎ着けた」と話した。