東海・北陸地方を中心にスーパーを展開するバロー(岐阜県多治見市)は5日までに、荷室の冷却機能が故障で低下したトラックで生鮮食品や冷凍食品を3県計23店舗に配送していたと公表した。通常0~5度に保たれる荷室が20度近くまで上昇することもあった。利用客から健康被害や品質不良の情報は寄せられていないとしている。

 委託契約先の運送会社アキタの岐阜県可児市にある営業所のトラック3台が愛知の12、岐阜の9、長野の2店舗に配送。故障の期間は最長で昨年9月から今年9月までの約1年1カ月間とみられる。アキタの営業所は今年4月に故障を把握していたが、修理せずに放置していた。