【ワシントン共同】新型コロナウイルスワクチンの2回目接種から半年後、感染予防効果は大きく低下するものの、症状が重くなり入院に至るのを防ぐ効果は90%と高く維持されていたと、米製薬大手ファイザーなどのチームが4日付の英医学誌ランセットに発表した。

 新型コロナワクチンを巡っては、先進国と発展途上国の間で接種回数の差が生じている。チームは接種から半年後も重症化を防ぐ効果は保たれることから「(3回目の)追加接種の必要性を検討する際は、まだ最初の接種さえ受けられない人が世界に多くいる状況を考慮すべきだ」とした。