【サンパウロ共同】ペルーからの報道によると、リマ市内の病院に入院していたアルベルト・フジモリ元大統領(83)の容体が悪化し、4日に別の病院に転院し心臓手術を受けた。主治医は術後の「容体は安定している」と述べた。

 フジモリ氏は1日に血中酸素飽和度の低下や胸の痛みのため収監中の拘置施設からリマ市内の病院に入院していた。4日、マスク姿で車いすに乗って転院する映像が報じられた。手術は心臓カテーテルやステントを挿入し40分ほどで終了したという。

 フジモリ氏は在任中の人権侵害事件などで禁錮25年の刑が確定し、服役中。