【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は4日、米連邦取引委員会(FTC)が同社を独占禁止法(反トラスト法)違反で訴えた訴訟について「根拠がない」などとし、再び棄却するよう首都ワシントンの連邦地裁に申し立てた。FTCは昨年12月に同連邦地裁に提訴したものの今年6月に棄却され、8月に主張を裏付けるデータなどを補強して再提訴していた。

 FBは申し立てで、FTCが同社を違法な独占企業と認定するだけの十分な根拠を示していないと反論し「以前に棄却された主張を繰り返している」とした。