岸田文雄首相は4日夜の記者会見で、自らの内閣について「新時代共創内閣」と名付けた。命名の理由について新型コロナウイルス対策が最優先課題だとした上で「コロナ禍でばらばらになりかけている国民の心を一つにし、さまざまな課題を乗り越えていく。そういった思いを込めた」と説明した。

 国民への説明責任を巡っては「結果のみならず、その必要性、結論に至るプロセスをしっかり説明する」と強調した。