陸上自衛隊明野駐屯地(三重県伊勢市)は4日、所属する観測ヘリコプター「OH―1」が、同県鈴鹿市の上空で約2~4秒間にわたりレーザーを照射されたと発表した。搭乗員2人にけがはなく、機体の被害もなかった。県警に通報した。

 明野駐屯地によると、照射があったのは4日午後6時5分ごろ。ヘリは夜間訓練で上空約800メートルを飛行していた。レーザーは緑色で、地上から照射されたとみられる。

 駐屯地は「乗員や国民の生命を脅かしかねない非常に危険な行為であり、深刻に受け止めている」としている。