【北京共同】中国の習近平国家主席は4日、岸田文雄首相に祝電を送り、「対話や意思疎通を強化し、相互信頼と協力を増やし、新時代の要求に合った中日関係の構築に努力すべきだ」と訴えた。米国と激しく対立する中、日中関係安定化の必要性に言及した。岸田氏が間近に迫る衆院選、来年夏の参院選を通じ盤石な政権基盤を確立できるかどうか見極める。

 習氏は、日中両国が友好関係を築けばアジアや世界の安定と繁栄につながると強調した。李克強首相も祝電を送り「両国関係を正しい軌道に沿って安定的に発展させ、来年の国交正常化50周年を共に迎えよう」と呼び掛けた。