不妊治療で五つ子を妊娠したのに、子宮内で胎児の数を減らす「減胎手術」のミスで一人も出産できなかったとして、大阪府内の夫婦が産婦人科医院側に約2340万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は、双方の上告を退ける決定をした。9月30日付。請求棄却の一審判決を変更し、55万円の賠償を命じた二審判決が確定した。

 判決によると、女性は2015年に妊娠したが、大阪府内の医院で医師から、母体と胎児への影響が大きいと説明され、一部の胎児に食塩水や薬剤を注射する手術を2度にわたって受けた。双子となった後、妊娠継続が困難となり、中絶した。