4日昼ごろ、北海道東川町周辺で突風が吹いた。道警によると、割れた窓ガラスで同町の70代女性が負傷するなど、2人がけがを負った。旭川地方気象台によると、竜巻の可能性があり、職員を現地に派遣した。北海道上空は大気の状態が不安定で、気象庁は4日正午すぎに上川・留萌地方に竜巻注意情報を発表していた。

 東川町の一角では電柱7本ほどが根元から折れ、停電も発生。無職男性(76)宅では栗の木の枝が何本も折れ、車庫の上に置いてあった鉄板が数十メートル飛ばされた。「急にざーっと雨風が強くなり、辺り一面が霧のように真っ白くなった。こんなに強い風は初めてで驚いた」と話した。