富山県内の路上で警察に保護され、高岡市の動物園で飼育中のリクガメ「カメ太郎」が4日、横断歩道での歩行者優先をアピールする「思いやり大使」に任命され、高岡署が委嘱式をした。

 体長約40センチのカメ太郎、同署によると2013年、砺波市の路上にいたところを、車にひかれる恐れがあるとして保護された。カメのゆっくり歩くイメージに加え、甲羅の模様が横断歩道を予告する道路標示「ダイヤマーク」に似ていることから、大使に選んだ。

 高岡古城公園動物園であった委嘱式では、たすきを掛けて、模擬横断歩道を歩行。なかなかまっすぐ進まず、参加者は和やかに声援を送った。