【ベルリン共同】9月のドイツ連邦議会(下院)選挙で第1党になった中道左派の社会民主党(SPD)は3日、第3党の環境保護政党「緑の党」、第4党の中道、自由民主党(FDP)と連立政権樹立に向けた予備折衝に入った。SPDの首相候補ショルツ財務相は次期首相の座に近いが、政権樹立には両党の連立参加が必要で、その動向が鍵となる。

 SPDのライバルでメルケル首相が属する第2党の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)も3日、FDPとの予備折衝を行い、緑の党とも近く話し合う。選挙で大敗したが、CDUのラシェット党首も両党との連立政権樹立をあきらめていない。