3日午後10時10分ごろ、山陽新幹線小倉駅(北九州市小倉北区)で、鹿児島中央発広島行き「さくら408号」と男性(32)が接触した。福岡県警小倉北署などによると「男性がホームと新幹線の間に挟まれた」と119番があり、搬送先の病院で死亡が確認された。新幹線は一部区間で運転を見合わせたが、4日午前0時すぎまでに再開した。

 署によると防犯カメラには男性が別のホームから線路内に立ち入り、隣の線路に止まっていた新幹線の前を横切る様子が写っていた。新幹線が止まっているホームに登ろうとしたが、新幹線が動きだしたため挟まれたとみられる。ホームドアは設置されていないという。