元新潟県知事同士の異例の対決となった新潟5区で、無所属新人の米山隆一氏が自民党前職の泉田裕彦氏らを破り、初当選を確実にした。

 米山氏は選挙期間中、2018年に女性問題で知事を辞任したことを謝罪。作家で妻の室井佑月さんと街頭に立ち、脱アベノミクスなどを訴えた。泉田氏は大都市との格差是正などを掲げたものの、前長岡市長の森民夫氏も参戦し、保守票が分散したことが響いた。