イタリアのミラノ市長は29日、2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪の開会式を、サッカーのACミランとインテル・ミラノの本拠地で「サンシーロ」とも呼ばれるジュゼッペ・メアッツァ競技場で行うと明らかにした。

 市と両クラブは新スタジアムの建設計画を進めているが、市長は「完成の時期にかかわらず、輝かしい歴史に敬意を表して現在の競技場で開会式を行う」と述べた。(AP=共同)